広告 NFT

NFTアートの使い道とは?買ってどうする?【7つの使い道を解説】

NFTのアートを買ってみたいけど使い道がよくわからない。使い道をわかりやすく教えてほしい。

    

このような悩みや疑問にお答えします。

   

近年、話題になっているNFTアート。買ってみたい・興味がある!と考える方も増えてきていますが、「実際にどんな使い道があるんだろう」と疑問が残りますよね。

どういう使い道があるかわからないのにお金を払いたくないですよね。。。

   

今回は、様々なNFTを購入している僕が「NFTアートの使い道」について解説していきます。

この記事を読めば「NFTアートはどんな使い道あるか?」が分かります。

      

この記事でわかること

  • NFTアートの使い道7つ
  • NFTを買う際に、注意すること
  • NFTを買う手順
  • NFTアートに関するQ&A

    

この記事を書いた人

たかまる

  • 本業で工場勤務をしながら、副業で仮想通貨ブログを運営中
  • 仮想通貨にトータル100万円投資
  • 複数のNFTを保有中

  

   

NFTを買うためには仮想通貨イーサリアムが必要です。

仮想通貨取引所の口座開設がまだの方は、この機会にサクッとしちゃいましょう!

  

イーサリアムを買うなら、手数料がお得で「今なら初めての入金で10000円以上入金すると1000円もらえるキャンペーン中!」のbitbank(ビットバンク)が、オススメです。

   

まだbitbank(ビットバンク)の口座を持っていない方は、口座開設からしていきましょう!

  

  • bitbankは、国内取引所ナンバー1の手数料の安さで取引ができる(取引所経由で)
  • スマホからでも簡単に操作することが可能
  • 高い技術力で国内ナンバー1のセキュリティ ※2018年10月3日 ICORating調べ

  

\仮想通貨イーサリアムをお得に購入する/

 

それでは解説していきます!

NFTアートの使い道 

 

結論を言うと、NFTアートの使い道は7つあります。

  

NFTの使い道

  • SNSのアイコンにする
  • 投資の対象となる
  • コレクションする
  • メタバースに展示する
  • コミュニティに参加する
  • 保有特典をもらう
  • お金を借りる担保にする

   

ひとつずつ解説していきます!

1、SNSのアイコンにする

NFTアートの使い道で、まず1番最初に思い浮かぶのが「SNSのアイコンにする」だと思います。

   

TwitterやInstagramでNFTアートをアイコンにしている人を多く見かけますよね

NFTアートをSNSのプロフィールアイコンに設定することを「PFP」と言います。

  

SNSのアイコンをNFTにしている有名人で例を挙げると・・・

ブロガーのマナブさん

エイベックスCEOの松浦勝人さん

他にも・・・

  • NFTマーケティングのイケハヤさん
  • 歌手のジャスティンビーバーさん
  • ラッパーのエミネムさん
  • サッカーのネイマール選手
  • バスケのステファンカリー選手

など多くの有名人がSNSのアイコンをNFTにしておりブームになっています。

   

一般の方でもNFTをアイコンにしている人は増えており日本では「CNP」や「LLAC」などの国内発NFTプロジェクトをアイコンにしている人が多いです。

   

実際に、僕もNFTをTwitterのアイコンにしています。

   

僕がアイコンにしているNFTは「ハンガーハンターズNFT」というNFTです。

デザインが気に入ってアイコンにしています。

   

どのNFTにしようか悩んでる方は、Twitterを活用して探してみるのもいいですよ。

実際に、僕はTwitterでNFTを募集して購入しました。

 

SNSのアイコンをNFTアートにすることで自分のセンスやコミュニティを表すので、同じNFTシリーズをアイコンにしている人と仲良くなったりできるのでオススメです。

2、投資の対象となる

NFTアートを買う人の中には、投資対象として買う人もいます。

NFT投資で利益を出す際は、アローリストという優先購入権を手に入れ安くNFTを仕入れて価格が上がったら転売するといった方法が主流です。

国内のNFT「CNPJ」を販売価格で購入し二次流通で転売したら購入価格の400倍の利益が出たという方もいます。

https://twitter.com/poronnocamp/status/1548464316763947008?s=20&t=m_5082zHL5kRlMOWpXyiTg

400倍のリターンなんてすごすぎる・・・

  

CNPJについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

  

NFT投資は、株や債券などと違い短期間で大きな利益を上げられるのが魅力です。

国内発NFTの値上がり例は、以下の表を参考をしてみてください

NFTプロジェクト名販売価格2023年1月の値段
CNP(CryptoNinja Partners)0.001ETH(約200円)2.2ETH(約40万円)
LLAC(Live Like A Cat -neko no youni ikiru-)0.001ETH(約200円)3ETH(約60万円)
APP(Aopanda Party)0.001ETH(約200円)0.9ETH(約18万円)

これらはほんの一部で他にも大きく値上がりしているNFTプロジェクトがあります。

しかし、必ず購入したNFTが値上がりするとは限らないので投資対象として購入する際は、しっかりと調べてから買うようにしましょう。

他にもNFTでお金を稼ぐ方法はあるので、気になる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

3、コレクションにする

NFTアートを、絵画などのようにアート作品としてコレクションする方法もあります。

  

1番単純な使い道ですが、好きなNFTを集めて自分のコレクションとして見ているだけでも楽しいです。

OpenSeaでNFTを購入している方は、自身のページにいくと購入したNFTが表示されるので、そこで楽しむのもありですね。

これは、僕のOpenSeaのマイページです。

   

メタマスクに入れておくのは不安だからハードウォレットに入れておきたいという方でも、スマホのような画面つきのハードウォレットがあるので、そこで自身のコレクションを楽しむことができます。

Ledger、仮想通貨の次世代ハードウォレット「Ledger Stax」公開 (coinpost.jp)

  

Ledger Staxは、2023年3月頃発売の予定です。

4、メタバース内で展示する

自分のNFTアートをコレクションとして、自分だけで楽しむのではなくメタバース内で展示して多く人に見てもらうという楽しみ方もあります。

メタバースとは、ユーザーがアバターを使って楽しめる仮想空間のこと。

「メタバース」ってどういう意味?おさえておきたい最新トピックス|@DIME アットダイム

  

自身が所有しているNFTをメタバース空間上に展示することができる「OnCyber(オンサイバー)」というサービスを使うと簡単にメタバース上に展示することができます。

EXILEの関口メンディーさんや元AKB48の小嶋陽菜さんなどがOnCyberを利用してNFTをメタバース上に展示しています。

この他にも「CryptoArtTown」というデジタルミュージアムがオープンしたり、東京美術館がメタバースで国宝の展示を行ったりしているので、今後もNFTアートをメタバース上で展示する機会は増えてくると考えられています。

5、コミュニティに参加する

NTアートを保有することで、保有しているNFTのコミュニティに参加することができるようになります。

  

NFTのコミュニティの多くは、「ディスコード」と呼ばれるチャットアプリのグループに参加できるようになったりします。

国内NFTの「CNP」では、公式ディスコード「Ninja DAO」内にあるホルダー限定のチャンネルに参加することができるようになります。

   

キングコング西野さんが運営する「チムニータウンDAO」では、コミュニティ参加のために「SHINZO」のNFTを購入する必要があります。

SHINZONFTは、僕も保有しておりコミュニティに参加しています。

海外NFTの「BAYC」は、NFTを保有することでホルダー限定のコミュニティに参加できるようになっています。

「BAYC」は、海外のセレブ達やスポーツ選手が購入しているため普段の生活では出会うことがない著名人達ともクローズドなコミュニティで繋がることが出来ます。

  

ブロガーのマナブさんも「コミュニティに参加するため」にBAYCを購入したと語っています。

BAYCを購入した有名人

  • ジャスティン・ビーバー(アーティスト)
  • エミネム(ラッパー)
  • パリス・ヒルトン(アーティスト)
  • 関口メンディー(EXILE)
  • 松浦勝人(avexCEO)

このように多くの有名人が保有しているのでコミュニティで繋がれるチャンスがあるかもしれません。

このように、今後も特定のNFT保有者のみが参加できるコミュニティが増えていくと考えられます。

6、保有特典をもらう

NFTを保有してコミュニティに参加することだけでなく様々な特典が受けられる場合があります。

国内NFTの「CNP」では、保有者に関連NFTのミント権利が配られたりホルダーのみが使えるスマホアプリのリリースなどが行われています。

さらに、実店舗でもレストランやカフェなどで割引が受けられる特典もあります。

CNP Owners | CNP (CryptoNinja Partners ) オーナー限定の特典

海外NFTの「BAYC」では、保有者に対しパーカーやジャージなどのアパレルの配布や年に1回行われるイベントの参加権利がもらえたりします。

ネットの中だけではなく、リアルでも特典があるのはすごいですね!

このようにNFTを保有しているだけで様々な特典がもらえたりします。

7、NFTを担保に資金を借りる

NFTを担保にして仮想通貨を借りることもできます。

借りれるのは現金ではなく「DAI」や「WETH」といった仮想通貨です

   

NFTを担保にすることで資金調達が出来るレンディングサービス「NFTfi」というサービスがあり利用している人も増えています。

2021年には、NFTを担保に約140万ドル(1.6億円)のレンディングが行われています。

NFT担保ローン、1作品で1億円以上の融資額を記録 (coinpost.jp)

   

NFTアートを担保に、1.6億円借りれるなんてすごすぎますね。

   

NFTfiを利用して資金を調達したい場合、どのNFTでも担保になるというわけではなく高く評価されているNFTのみが担保の対象として上げられています。

高く評価されているNFTは以下の作品です。

  • CryptoPunks
  • Autoglyphs
  • Art Blocks
  • BAYC(Bored Apes Yacht Club)

このように世界的に見て人気のあるNFTプロジェクトが担保対象となります。

NFTアート購入は今からじゃ遅いのか?

NFTアートって結構ブームになってきているんで今からじゃ遅いんじゃないかなあ。。。

  

このように思う方もいるかもしれません。

答えは、NOです。

今からNFTアートを購入しても全く遅くありません。

国内で見たら先駆者の一人になれます。

  

日本でNFTを購入している人は、2~3万人程度だと言われており、市場規模もまだまだです。

日本の人口が約1.2億人程度なので、日本国内でNFTを保有している人はかなり希少な存在と言えます。

   

今のうちからNFTに触れておくことで時代の最先端の技術に触れることが出来ますし、上記であげた使い道を今から存分に楽しむことが出来ます。

まずは、仮想通貨イーサリアムを購入することから始めていきましょう。

NFTアートを買う手順

準備の手順は以下の通りです。

  • 仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)で口座開設をする
  • 日本円を入金してイーサリアムを購入する
  • メタマスクでウォレットを作成する
  • イーサリアムをメタマスクに送金する
  • OpenSeaとメタマスクを接続する

  

ひとつずつ解説していきます。

仮想通貨取引所で口座開設をする

NFTを購入するにはイーサリアムという仮想通貨が必要です。

   

イーサリアムを購入するためには、仮想通貨取引所で口座開設をする必要があります。

オススメは、イーサリアムをお得に購入できるbitbank(ビットバンク)です。

まだ口座を開設していない方は、こちらからどうぞ

\仮想通貨イーサリアムをお得に購入する/

   

10分程度で開設できるので、下記の記事を読みながら口座開設してみてください。

  

日本円を入金してイーサリアムを購入する

仮想通貨取引所の口座開設が完了したらイーサリアムを購入していきます。

2022年12月現在、イーサリアムの価格が下がってきているので安くなっている時期にNFT資金として買いこんでおくのもありです。

bitbank(ビットバンク)でお得にイーサリアムを買う手順を解説している記事を参考にしてみてください!

メタマスクでウォレットを作成する

続いてNFTを買うためには、メタマスクという仮想通貨のウォレット(財布的な)が必要です。

メタマスクの登録・ウォレットの作成方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

イーサリアムをメタマスクに送金する

メタマスクでウォレットの作成が完了したら、仮想通貨取引所からイーサリアムを送金します。

bitbank(ビットバンク)からイーサリアムへの送金方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

  

OpenSeaとメタマスクを接続する

NFTを購入するには、世界最大のNFTプラットフォームOpenSeaのアカウント作成とメタマスクとの接続が必要です。

詳しいやり方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

NFTアートに関するQ&A

NFTアートの使い道がわかり、NFTアートが欲しくなったけどまだ買うのをためらっている人もいる方と思います。

「NFTアートでよくある質問」に答えているので不安要素を少しずつ減らしましょう!

Q:NFTアートを買う際は、どんなNFTを買えばいいの?

A:自分が気に入った作品を買えばOK!

初心者の方によくオススメされる国内発のNFTとして「CNP」「APP」「LLAC」などが上げられますが現在は価格が高騰していて初めてNFTを買う人にはオススメできません・・・

NFT1体で50万円とかするから気軽に買えない・・・

そこでOpenSeaなどのマーケットプレイスやTwitter検索を使ってお手頃なNFTを探してみましょう。

見つからなかった場合は、「CNPJ」や「CNPR」などの「CNP」の派生シリーズがオススメです。

最近出た派生シリーズでオススメなのが「CNPG」

ご当地をテーマにしたNFTで値段も0.012ETH(2023年1月末で)と買いやすいです。

0.012ETH=約2500円(2023年1月末で)

  

イーサリアムを買うなら、手数料がお得で「今なら初めての入金で10000円以上入金すると1000円もらえるキャンペーン中!」のbitbank(ビットバンク)が、オススメです。

  

\仮想通貨イーサリアムをお得に購入する/

Q:NFTアートってどうやって本物かどうか見極めているの?スクショ撮ったらコピーできるんじゃない?

A:NFTアートは、ブロックチェーンの技術を使っているので本物かニセモノか見分けることが出来るようになっています。

ブロックチェーンのデータを改ざんすることはできないので、唯一無二のものと証明できるようになっています。

スクショを撮って複製できてもブロックチェーンによりニセモノと判断できるようになっています。

NFTについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Q:NFTアートを買うには仮想通貨が必ず必要なの?

A:結論、必ずしも必要ではない。

OpenSeaなどの海外のNFTマーケットプレイスだと仮想通貨イーサリアムなどが購入時に必要となってきます。

しかし、国内の「LINE NFT」ではLINEpayによる支払いもできるようになっているので必ず仮想通貨が必要!というわけではないです。

ただ国内のNFT市場は未熟で扱っているNFTも少ないのでOpenSeaなどの海外のマーケットプレイスを利用するのがオススメです。

まとめ

NFTアートはただ見て楽しむだけでなく、様々な利用方法があります。

NFTアートを楽しむためは、まずNFTアートを買ってみることから始めてみましょう。

NFTを買うためには、仮想通貨イーサリアムが必要なので仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

口座開設には時間が掛かる場合があるので、最初にやっておきましょう!

イーサリアムを買うなら、手数料がお得で「今なら初めての入金で10000円以上入金すると1000円もらえるキャンペーン中!」のbitbank(ビットバンク)が、オススメです。

   

まだbitbank(ビットバンク)の口座を持っていない方は、口座開設からしていきましょう!

  

  • bitbankは、国内取引所ナンバー1の手数料の安さで取引ができる(取引所経由で)
  • スマホからでも簡単に操作することが可能
  • 高い技術力で国内ナンバー1のセキュリティ ※2018年10月3日 ICORating調べ

\仮想通貨イーサリアムをお得に購入する/

 

口座開設方法がよくわからない!という方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

-NFT