広告 NFT

NFTを副業として稼ぐ方法4つを初心者にもわかりやすく解説

NFTが大きく稼げるって聞いたけど、副業として始められないかな・・・?

このような疑問にお答えします。

今回は、NFTを副業にして稼ぐ方法を解説していきます。

結論、NFTを副業として取り組むことで大きく稼げるチャンスがあります。

今回の記事では、、、

  • オススメのNFT副業4つ
  • それぞれのメリット・デメリット
  • NFT副業を始めるための準備

を解説していきます。

この記事を書いた人

たかまる

  • 本業で工場勤務をしながら、副業で仮想通貨ブログを運営中
  • 仮想通貨にトータル100万円投資
  • 複数のNFTを保有

NFT副業を始めるには、仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

NFTを買うのに必要な仮想通貨イーサリアムがお得に買えるbitbank(ビットバンク)がおすすめです。

口座を持っていない方は、口座開設からしていきましょう!

bitbank

  

  • bitbankは、国内取引所ナンバー1の手数料の安さで取引ができる(取引所経由で)
  • スマホからでも簡単に操作することが可能
  • 高い技術力で国内ナンバー1のセキュリティ ※2018年10月3日 ICORating調べ 

   

   

登録審査に時間がかかる場合があるので、先にbitbank(ビットバンク)の口座開設を済ませておきましょう。

NFTとは?

まず、NFTについて解説していきます。

NFTとは、Non-Fungible Tokenの略であり「代替不可なトークン」の意味を持っています。

偽造や改ざんが難しいブロックチェーン技術によってデジタルデータの価値を証明できるようになっています。

NFTについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

NFTは副業になる?

NFTは、副業になるかどうか。

結論。NFTは、副業になります。

なぜNFTが副業の対象になるのか?

その理由は、、、

これからNFTの需要は拡大し続けると考えられているからです。

NFTは拡大し続ける?今はマニア向けな感じがするけどほんとかな? 

たしかに世間での認知度はまだまだですし、NFTを実際に買ったことがあるという人も国内では少ないです。

しかし、世界的にみればSNSのアイコンをNFTにすることが流行っていたりNFTを活かしたブロックチェーンゲームが流行ったりしています。

このような世界の波が日本にもくる可能性が高いのでNFTは副業になると言えます。

NFTを副業として稼ぐ方法4つ

副業でNFTを始めてもどうやって稼げばいいのかわからないよ!

という方は、参考にしてみてください。

NFTを副業にする方法4つは、、、

  • NFT売買をする
  • NFTを作成して売る
  • NFTの情報発信をする
  • 〇〇toEarnして稼ぐ

の4つです。

メリット・デメリットを合わせて、ひとつずつ解説していきます。

NFTを売買する

メリット

  • シンプルな方法で、簡単に始められる

デメリット

  • 大きく稼ぐには、優良なプロジェクトを見つけなければいけない
  • 価格が下がったら損をすることもある
  • 転売目的で買うのを嫌がるプロジェクトもある
  • NFT情報を追いかけるのに時間を使う

  

これは1番シンプルでわかりやすい稼ぎ方ですね。

安い値段でNFTアートを買って高い値段で売り、その差額で儲ける方法です。

  

NFTアートは、1番最初の売り出しの時に激安(0.001ETH〜)で売られるプロジェクトがあったりするので初期に買って価格が上がったら売るというシンプルな方法です。

例として、2022年の5月にCNPというNFTプロジェクトのNFTが0.001ETH(300円くらい)で販売されましたが、徐々に人気を獲得しなんと3ETH(40万円くらい)まで価格が上昇しました。

すごい価格の上昇だね。夢がある!

  

NFT売買は、簡単に始められることが出来て買った直後に購入金額より高い値段で売れれば儲かる点です。

しかし、全てのプロジェクトの価格が大きく上昇するわけではないので優良プロジェクトを探すのに時間が掛かったり、買ったNFTの価値が下がり損をする可能性があるので目利きが重要になってきます。

NFTプロジェクトによっては、ガチホ推進のプロジェクトもあり売買しにくいという場合もあります。

NFTを作成して売る

メリット

  • 自分の作品を作って売ることができる
  • 制作することが好きなひとは、楽しくできる

デメリット

  • 心理的なハードルが高い
  • NFTが売れるまで稼ぐことが難しい

次に、紹介するのはNFTを作成して売る方法です。

NFTを作成して売る?なんか難しそう・・・NFTを売るなんてプロの人達がやっているだけじゃないの?

このような疑問が出てきそうですが、プロじゃない方々もNFTを作成し販売して儲けています。

例として、小学3年生の男の子が夏休みの自由研究で作ったNFTアートで80万円儲けています。

https://twitter.com/emikusano/status/1435799756966486018?s=20&t=G_OAmXrR4rHhndUK6HOdgQ

【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか

https://www.businessinsider.jp/post-241969

このように、プロでもない小学生の描いたドット絵が高値で取引されることもあるのがNFTです。

NFTを作成して売るというと難しそうに聞こえますが、OpenSeaというNFT売買のプラットホームから誰でも売ることが出来ます。

  

OpenSeaでは、自身で描いたイラスト等のデジタルデータを簡単にNFT化して売ることが出来ます。

「イラストを描いたことがない!」という方でも、ドット絵のアプリをダウンロードしイラストが作れるんで興味がわいた方はチャレンジしてみることをオススメします。

他にも、自身の自撮りをNFT化して販売し1億円儲けたインドネシアの大学生もいるので、恥ずかしくない方は自撮りを販売するのもいいでしょう。

 

NFTが売れるまで稼ぐことができないことや、イラストを描いてNFT化して売るという心理的ハードルが高いことがネックになります。

しかし、売れれば大きく儲けることもできるので、興味がある方はチャレンジしてみるのがいいでしょう。

NFTの情報発信をする

メリット

  • NFTのプロジェクトを追うのと副業を両立できる
  • 文章を書くのが好きな人は、楽しんで取り組める

デメリット

  • プロジェクトの情報を追い続けるのが大変
  • すぐに稼ぐことが難しい

  

次に、紹介するのは「NFTの情報発信」をして稼ぐ方法です。

   

NFTの情報発信というと難しく聞こえるかもしれませんがブログやSNSを使っての情報発信をしてアフィリエイトで稼ぐ方法です。

NFTは、まだまだ未成熟な市場なので個人が参入しやすい市場になっています。

   

ブログやSNSを使って新しいNFTプロジェクトの紹介をして、仮想通貨取引所の広告案件などを取り扱って稼ぐことが出来ます。

デメリットとして、情報発信を始めたらすぐ稼げるわけではないということ。

僕自身も、ブログやSNSを使って情報発信をしていますが、稼げる!といった状況にはなっていません。

しかし、NFTは未成熟な市場で情報発信する人が少ないので今のうちから始めておくことで将来稼げる可能性が上がるでしょう。

〇〇 to Earnして稼ぐ

メリット

  • ブームに乗れば大きく稼ぐことができる
  • 無料で始めれるものもある

デメリット

  • ブームに乗れなかったら大きく損をしてしまう場合もある
  • 無料で始められるもので、大きく稼ぐことは難しい

  

最後に紹介するのは、「〇〇toEarnして稼ぐ」という方法です。

  

〇〇toEarn?ってなんだろう・・・?

  

〇〇toEarnして稼ぐの中でも有名なのが、NFTゲームを使って仮想通貨を稼ぐ「PlaytoEarn」や運動して仮想通貨を稼ぐ「MovetoEarn」などです。

   

2022年の前半には、歩いて仮想通貨を稼ぐNFTゲーム「STPEN」が大ブームを巻き起こしましたね。

一時期は、歩くだけで月収200万円なんてことも起きていました。

  

ブームにうまくのることが出来れば、大きく稼ぐことが出来ます。

しかし、ブームは一過性になることが多いのでブームの終盤に参入してしまうと大きく損をすることがあります。

  

僕は、STPENブームの終盤で参入し大きく損をしました・・・

運動やゲームをすることで稼ぐことが出来ますが、一過性になりがちなので常に新しい情報を追いかけていかなければいけません。

  

最近では、運動やゲーム以外にも寝て稼ぐ「Sleep to Earn」や、食べて稼ぐ「Eat to Earn」等が出てきています。

うまく情報を追いかけて早期参入することが出来れば、大きく稼げるかもしれないので参入するなら早いうちに始めるのがいいです。

NFT副業を始めるために必要なこと

NFT副業を始めるには、仮想通貨取引所の登録・仮想通貨ウォレットメタマスクの作成・OpenSeaの登録が必須です。

以下の5つのステップで始めることが出来ます。

  • 仮想通貨取引所の口座開設をする
  • 仮想通貨イーサリアムを購入する
  • 仮想通貨ウォレットのメタマスクを作成する
  • OpenSeaのアカウントを作成する
  • 取引所からメタマスクにイーサリアムを送金する

ひとつずつ解説していきます。

  

仮想通貨取引所で口座開設をする

NFTを購入するにはイーサリアムという仮想通貨が必要です。

   

イーサリアムを購入するためには、仮想通貨取引所で口座開設をする必要があります。

オススメは、イーサリアムをお得に購入できるbitbank(ビットバンク)です。

まだ口座を開設していない方は、こちらからどうぞ

bitbank

    

20分程度で開設できるので、下記の記事を読みながら口座開設してみてください。

  

日本円を入金してイーサリアムを購入する

仮想通貨取引所の口座開設が完了したらイーサリアムを購入していきます。

2022年12月現在、イーサリアムの価格が下がってきているので安くなっている時期にNFT資金として買いこんでおくのもありです。

bitbank(ビットバンク)でお得にイーサリアムを買う手順を解説している記事を参考にしてみてください!

メタマスクでウォレットを作成する

続いてNFTを買うためには、メタマスクという仮想通貨のウォレット(財布的な)が必要です。

メタマスクの登録・ウォレットの作成方法はこちらの記事を参考にしてみてください。

OpenSeaのアカウントを作成する

NFTを売買するために、OpenSeaのアカウントを作成しておきましょう。

OpenSeaは、世界最大級のNFTプラットフォームとなっているので安心してNFTの売買ができるようになっています。

さらに、OpenSeaでNFTを作成して販売することもできます。

OpenSeaのアカウント作成方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

イーサリアムをメタマスクに送金する

メタマスクでウォレットの作成が完了したら、仮想通貨取引所からイーサリアムを送金します。

bitbankからイーサリアムへの送金方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

  

結局、どの方法がオススメなの?

NFTを生かした副業4つを紹介してきましたが、「結局どれをやっていいのかわからない!」

という方もいると思います。

そこで、僕が思うNFT副業の選び方は、、、

  • すぐ稼ぎたい方は、比較的即金性のある「NFT売買」やブームにのった「〇〇toEarnして稼ぐ」方法がオススメ。
  • 長い目線で将来大きく稼げるチャンスが欲しいという方は、「NFTを作成して売る」や「NFTの情報発信」をする方法がオススメ。

自分の目的に合ったNFT副業を選んでチャレンジしていきましょう。

まとめ

日本のNFT市場は、まだまだ未成熟なので今のうちから副業でNFT関連のことに取り組んでいけば将来大きく稼げるチャンスがくるかもしれません。

  

まずは、仮想通貨取引所の口座開設から始めていきましょう!

NFT副業を始めるには、仮想通貨取引所の口座開設が必要です。

NFTを買うのに必要な仮想通貨イーサリアムがお得に買えるbitbank(ビットバンク)がおすすめです。

口座を持っていない方は、口座開設からしていきましょう!

bitbank

  

  • bitbankは、国内取引所ナンバー1の手数料の安さで取引ができる(取引所経由で)
  • スマホからでも簡単に操作することが可能
  • 高い技術力で国内ナンバー1のセキュリティ ※2018年10月3日 ICORating調べ

   

-NFT