広告 NFT

NFTアートが売れない理由とは?売れない理由5つと売る方法を解説

NFTアートを作って売ってみたけど全然売れない!なんでだろう?

   

コレクターに欲しい!と思わせることが出来てないんじゃないかな?

   

このような疑問にお応えします。

   

今回は、「あなたのNFTアートが売れない理由」を複数のNFT保有する僕がコレクター目線で解説していきます。

  

 

この記事を書いた人

たかまる

  • 本業で工場勤務をしながら、副業で仮想通貨ブログを運営中
  • 仮想通貨にトータル100万円投資
  • 複数のNFTを保有中

  

 

この記事を読んでわかること

  • なぜあなたのNFTが売れないのか?
  • どうすればNFTが売れるのか?

  

以前、Twitterにて「NFT買います」企画を行い、欲しくなるNFTと欲しいと思わないNFTの違いを感じました。

Twitterで行った「NFT買います」企画の内容は、こちらの記事を参考にしてみてください。

今回の記事を参考にして、NFTコレクター達に買いたい!と思わせるNFTアートを作っていきましょう!

それでは、解説していきます。

あなたのNFTが売れない理由 

ぼくが思う売れないのNFTの特徴は、5つあります。

   

  • NFTを作って売っているだけになっている
  • 価格が高い
  • ポリゴンチェーンで売っている
  • 宣伝不足
  • 購入者特典がない

 

ひとつずつ解説していきます。

NFTを作って売っているだけになっている

NFTを作って売るだけだと購入者側は、買いたい!と思わないです。

NFTを購入する際は、そのNFTのコンセプトやストーリー、ロードマップなどを確認してから購入することが多いからです。

購入者側がグッとくる作品だったら、作って売るだけでも買われるかもしれませんが可能性が低いです。

このNFTは、こういうビジョンがあるんだ!というのをアピールするといいでしょう。

価格が高い

次に、価格が高いという理由で買われないことがあります。

有名なインフルエンサーや将来が期待されてる大手のプロジェクトなら多少高くても売れるかもしれませんが、駆け出しのNFTクリエイターの作品は、高いという理由だけで敬遠されてしまうことがあります。

最初は、利益を出すことよりもNFTを手に取ってもらうという気持ちで売ってみるといいかもしれません。

ポリゴンチェーンで売っている

イーサリアムからポリゴンに換えるのは、ユーザー側にとっては結構めんどくさいです。

メリットだった、ガス代がかからないという点も2022年の9月からガス代がかかるようになったので、ポリゴンにしてから買うメリットってそんなにないと感じますね。

イーサリアムからポリゴンに換えるのにも、ガス代が掛かりますしね。

   

以前、ガス代が高くて発狂したことがあります(笑)

宣伝不足

SNSやブログを使って宣伝することが不足しているかもしれません。

どんなに素晴らしいNFTを作って出品してもSNSやブログを使って宣伝していないと、売れることはありません。

SNSのフォロワーを増やし他のNFTクリエイター達と交流を計りブログを使ってアピールすることで、どんなNFTか?を知ってもらうことができるので売れるチャンスが増えるでしょう。

   

ブログをまだ開設したことない方は、自身のブログを開設することで宣伝するチャンスを増やすことができます。

ブログを開設がまだの方は、こちらからどうぞ。【ConoHa WING】ならお得にブログが開設できちゃいます。

\国内最速!初期費用無料の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】/

まずは、SNSを使って宣伝していくのがオススメです!

購入者特典がない

購入者にとって、購入した時に何かしらの特典があるとうれしいです。

例えば、ホルダーしか入れない専用のDiscordや NFTをモチーフにしたオリジナルのTwitterのヘッダー画像など。

僕が「NFT買います企画」で購入したColorful Heroineも、購入者特典として壁紙とヘッダー画像をプレゼントしてくれました。

このような特典があると、購入者側も購入意欲が増すでしょう。

コレクターが欲しいと思えるNFTとは?

続いて、ぼくたちNFTコレクターがこれは欲しい!と思えるNFTについて解説していきます。

欲しい!と思われやすいNFTは、以下の4つの特徴があると思います。

  • コンセプトやロードマップがしっかりしている
  • 価格がそこまで高くない
  • PFPに適している
  • トレンドに乗っている

1つずつ解説していきます。

コンセプトやロードマップがしっかりしている

コンセプトやロードマップがないと購入者側も買いたいと思いません。

   

それってNFTを売って終わりなんでしょ?

って感じしまうから。

   

このNFTは何がしたいのか?どういうビジョンを持っているのか?をアピールするとコレクターは欲しいと感じやすいです。

コンセプトやロードマップがなくてもNFTのストーリーは書けるのでストーリーだけでも書くのがオススメです。

NFTにストーリー性を持たせることで、あなたのNFTのファンを増やすことにつながります。

あなたのNFTにも、ストーリー性を持たせることを心掛けてください。

価格がそこまで高くない

続いて価格がそこまで高くないことが大切です。

ユーザー側が、手を出しやすい値段に設定すること。

具体的には、0.05ETHくらいまでだったらコレクターは買いたいと思えます。(ぼくの場合

   

有名なクリエイターが手掛けたプロジェクトでも、価格を高く出しすぎてしまい売れ残りが発生する事例があります。

最近は、CNPやCNPJなどミント価格が激安でも2次流通で価格が上がりうまくいっている例もあるのでミント価格を激安にするのも戦略の一つだと思います。

CNPは、ミント価格が0.001ETH(イーサリアム)でしたが、大人気NFTとなりわずか半年で2ETH(イーサリアム)まで価格を上昇させています。

このように、最初は安くても人気が出れば価格は上がっていくので、思い切って激安で販売しましょう。

PFPに適してる

続いては、PFPに適しているNFTが好まれると思います。

PFPとは、ProFile Picture の頭文字をとった略語のことで、SNSのアイコンに適しているNFTをPFP系NFTといいます。

PFPに関しては、こちらの記事を参考にしてみてください

 

現在、買われやすくなっているNFTは、PFPに適しているNFTです。

海外の人気NFTである「BAYC」や「クリプトパンクス」は、PFPに適しているNFTであることからも人気が出やすいことがわかります。

PFP系のNFTは、SNSのアイコンにされやすいためSNS上で発見され新規ユーザーに買ってもらえるチャンスも広がります。

トレンドに乗っている

続いては、トレンドに乗っていることです。

NFTにもトレンドやブームがあります。トレンドやブームに乗ることで売れやすくなったりします。

現在は、かわいい女の子や可愛い動物がトレンドになっているので意識して作成しましょう。

ただし、他のNFTの二番煎じみたいになってしまうと売れる可能性がグッと減るので、トレンドを追いつつオリジナリティを出すことが大切です。

まとめ

これで、コレクター目線でのNFTが売れない理由の解説が終わりました。

今回の記事でのポイントをまとめていきます。

  • ミント価格を抑える
  • コンセプトやロードマップ、ストーリーをしっかりと作る
  • PFP系のNFTなどトレンドに乗ってNFTを作成する
  • SNSやブログを使ってしっかりと宣伝する

これらの点に気をつけてNFTを作ってみてください!!

NFTアートのデザインがそんなに出てこない!という方は、webデザインを学んでみるのもいいかもしれません。

  

時代の最先端を走っているNFTクリエイターのみなさんなら売れるNFTを作れると思います。

自信を持って取り組んでいってください!

   

紹介してほしいNFTなどがあれば僕のTwitterに連絡してください!宣伝させていただきます◎

-NFT